FC2ブログ

映画と日常

週刊映画鑑賞記(2018.9/10~2018.9/16)

トガジンです。
毎週日曜日はこの一週間に観た映像作品について徒然なるまま書き留めております。



9/10(月)
『地球防衛軍』
(ホームシアター:日本映画専門チャンネル録画)
『地球防衛軍』ポスター画像
私の思い違いかもしれませんが、『地球防衛軍』は以前の「東宝特撮王国」では放映されていなかったような気がします。
「東宝特撮王国」と「オトナのアニメ」に関しては(たとえ市販ブルーレイを持っている作品であっても)全部録画してBD-Rに保存しておいたはずなのですが、今回HDリマスターとの画質比較をしようと思って探してみてもどうしても見つかりません。
もしそうなら、今回の『地球防衛軍』HDリマスター版の録画ディスクは私にとって貴重な映像ソースになります。

『地球防衛軍』LDジャケット
私が『地球防衛軍』を初めて観たのは大学3回生か4回生の頃、友人が買ったレーザーディスクを借りて観たのが最初でした。
もちろん、ビデオにダビングしてその後何度も繰り返し観たのは言うまでもありません(笑)。

21型ブラウン管TV(東芝CORE)で観た『地球防衛軍』
その頃は↑のような21インチのブラウン管テレビ(4:3アスペクト)で見ていました。
しかし、画面の上下に半分近い面積の黒味が付いた状態になるため、シネスコスクリーンの迫力は10分の1も味わうことは出来ていません。

32インチワイドTV(KV-32SF1)で観た『地球防衛軍』
それはDVDレンタルが解禁になった2000年代初頭に32インチワイドテレビで観た時も同様です。
自分の視界に小さく収まってしまうテレビ画面程度では、シネスコの画角をフルに活かした『地球防衛軍』の画作りを100%楽しんだことにはならないのです。

120インチシネスコスクリーンで観る『地球防衛軍』
それが今回、シネスコ120インチのスクリーンで観たことでようやくこの映画の真価に触れることが出来た気がします。

それでもやはり、本物の映画館の大スクリーンで大勢のお仲間と一緒に楽しみたい作品ですね~。
なぜならば・・・。

『地球防衛軍』トーホースコープ
実は『地球防衛軍』は東宝特撮映画初のシネマスコープ(トーホースコープ)作品なのです。
それはつまり、本多猪四郎本編監督にとっても円谷英二特技監督にとっても初めてのワイドスクリーン作品ということになります。
そのため『地球防衛軍』では(ある意味必要以上に)横長アスペクトを生かした画作りとそれに負けない奥行き感を意識したレイアウトが成されているのです。

『地球防衛軍』避難民
見てください!。
いかにも本多監督らしい画面一杯のこのモブシーンを!。
着の身着のまま、持ったとしても小さな手荷物だけで安住の地を追われる住民たち(地元エキストラ?)。
そして、この危険な状況下にあっても市民の安全を第一として避難誘導に従事する警官たち。
戦争中の空襲からの避難を経験した年代の人でなければ決して作り得ないであろう力強い画です。
ただし・・・HDリマスターのおかげで一部ヘラヘラ笑っている者もいるのが分かってしまうのはご愛敬ですが(笑)。

『地球防衛軍』入浴
横長大画面のおかげで、一見無意味としか思えない白川由美さんの入浴シーンさえ大迫力であります(笑)。
シネマスコープでは特に横移動の動きが効果的なので、白川さんが窓の外を見ようと湯船の中を左右に移動する動きは(内容面は別として)絶対に無意味ではないのです。

『地球防衛軍』モゲラ大接近
横長画面を存分に活かす画作りは特撮パートも同じです。
このショットの場合、人間の目線に近いローアングルと遠方のモゲラを起点としたパースペクティブ構図により、無機質なモゲラがこっちに向かって来る恐怖が際立ちます。

実は、以降の東宝特撮においてはこういった人間目線の画作りというのは意外と少ないのです。
その理由として、作品を重ねるごとにゴジラをはじめとする怪獣たちの動きが次第に擬人化していったことと、企画そのものが「怪獣対怪獣」の対決ものばかりにシフトしたため人間目線ショットの必要性が減ったことが考えられます。

『地球防衛軍』遠近感
このモゲラに匹敵する怪獣となると、(初代『ゴジラ』は別格として)『モスラ対ゴジラ』の時のゴジラ、『フランケンシュタイン対地底怪獣』と『サンダ対ガイラ』、あとは大映の『大魔神』シリーズくらいではないでしょうか。
これらの作品に登場するのはいずれも直接人間に害をなす怪獣(あるいは神罰を下す神様)であるため、必然的に人間の視点の映像が多くなっています。


もう一点、敵のミステリアンについて・・・。

『地球防衛軍』ミステリアンの皆さん
勝手に他国の土地を占領し、自分たちの科学力や軍事的優位をひけらかしながら「ここは我々の領土だ」と言い張ったり・・・

『地球防衛軍』拉致
あるいは相手の国の住人を拉致監禁し、相手が手出し出来ないと知るやさらに図に乗って要求内容を拡大したり・・・

このミステリアンの不愉快さは、(どことは言いませんが)現在アジアの某国が行っている所業と重なりますね。
映画『地球防衛軍』は1957年公開の作品ですが、現代(2018年)において再び鑑賞する意義が意外なところに見つかりました(笑)。



4月から始まった日本映画専門チャンネルのHDリマスター版「東宝特撮王国」。
市販ブルーレイさえ凌ぐ高画質で放映される名作の数々に狂喜乱舞していたものでしたが、残念ながらこの9月で終了となってしまいました(涙目)。
また日本映画専門チャンネルに復活要望メールを出し続けるしかありませんね・・・。

9/12(水)
『宇宙大戦争』(ロングバージョン)
(ホームシアター:日本映画専門チャンネル)
『宇宙大戦争』ポスター画像
今季の(あえてそう書きます)HDリマスター版「東宝特撮王国」のフィナーレを飾るのは1959年公開作品『宇宙大戦争』
そのオリジナル劇場公開版より3分長いロング・バージョンです。

・・・しかし!。
実は私、今回チョイスされた『宇宙大戦争』がオリジナル公開版ではなく、ロングバージョンの方であったことには疑問と苛立ちを感じているのですよ。

なぜならば。
「オリジナル公開版に比べて3分長いロングバージョン」と謳ってはいますが、その実態は「完成前の零号版フィルム」でしかないからです。
つまり、本来なら画面に合成されているべきモノや人物が無かったり、合成の不具合やイマジナリーラインの間違いもそのままになっているという未完成バージョンなのです。

『宇宙大戦争』オリジナル公開版
特に気になるのは、ブルーバック合成の精度です。
オリジナル公開版では、机や窓枠や人物の肩などブルーバックが反射した箇所が一部青く残ってはいるものの、鑑賞の妨げになるほどの違和感はありません。

『宇宙大戦争』ブルーバック合成ミスショット
ところがロングバージョンではこの通り!。
ジラジラとした合成ミス部分が大きく目立ち、それでいて窓枠やコピー機などちゃんと見えていなければならない部分が透明化してしまっています。
これがNGテイクであることは一目瞭然です。

HDリマスター化して後世に残すべきはオリジナル公開版のほうだと思うのですがね。


これまで何度も観返している『宇宙大戦争』ですが、実はついつい『地球防衛軍』『怪獣大戦争』『怪獣総進撃』などとイメージが混同してしまって細部についてはあまり印象に残っていません。
それは、私がこの映画の主人公をどうしても好きになれないことが原因です。

『宇宙大戦争』勝宮と江津子
その最たる原因はこの出撃前夜のラブシーンです。

江津子「お月さまには今でもウサギやかぐや姫に居てくれたほうが美しいわね」
勝宮 「そういう美しさはどんどん無くなっていくんだ。」
江津子「でもいつまでも変わらないものもあるでしょ?。」
勝宮 「?」
江津子「わたしたちの愛情よ!。」
勝宮 「さあ・・・どうかな?。」

なんかもう・・・
「女は焦らしてナンボ」と言わんばかりの、男前を鼻にかけた嫌な野郎じゃありませんか。
しかも、夢もユーモアも無い実にツマラナイ男です。
こんな奴に追いすがって必死に優しい言葉を待ち続ける江津子さんが哀れでなりません。
関沢新一脚本x本多猪四郎演出から生み出されたとはとても思えないような主人公像です。


・・・・。
「東宝特撮王国」強制終了に心が乱れたせいか、なんだか文句ばかりになってしまいました(反省)。
気分直しとしてこの方にご登場いただきましょう。

『宇宙大戦争』操られる岩村
東宝特撮では常にオイシイところをかっさらっていく土屋嘉男さんです。
『宇宙大戦争』では、ナタール人に操られてスピップ号一号機を爆破してしまうことになる勝宮の親友:岩村役を演じています。

『宇宙大戦争』操られた岩村
ナタール人は終盤まで姿を見せませんが、まるで夢遊病者のような虚ろな目で破壊工作を進めていく土屋さんの名演技によって、人間を操り反重力で地上を攻撃する科学力を有する黒幕の存在が浮き彫りになります。

また、重力が地球の6分の1しかない月面を歩く演技について、「重力が弱いのだから人間の歩きもふわふわした動きになるはず」と監督に提案したのは土屋さんだったそうです。
それは、アポロ11号が月面着陸に成功し、その映像が全世界に中継される10年も前のことでした。

土屋さんの持つセンス・オブ・ワンダーがこの映画の骨格を支えたと言っても決して過言ではありません。

特撮のDNA展 一階展示場
もう一つ。
今回『宇宙大戦争』を観ながら思い出していたのは、先月20日にはるばる明石まで足を延ばして観に行った「特撮のDNA展ー平成に受け継がれた特撮“匠の夢”ー」のことでした。

特撮のDNA展 『宇宙大戦争』より解説パネル
一階展示会場の一角には『宇宙大戦争』に関する解説パネルに加え、イメージボードと制作中の風景写真が紹介されていました。

特撮のDNA展『宇宙大戦争』スピップ号
そして、その真下には実際に撮影で使われたスピップ号の模型が展示されていました。
1959年の東宝特撮スタジオでカメラの前に置かれ(あるいは吊るされ)、おそらくは円谷英二監督も直接その手で触れたであろう本物のスピップ号です。

『宇宙大戦争』スピップ号
画面にスピップ号が映るたび、私は「ああ、俺がこの前見てきたのはまさにこれなのだな。」と一人感慨に耽っていたのでありました(笑)。



今週もお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

COMMENTS

2 Comments

There are no comments yet.

しろくろshow  

ウチは9月で解約になります>日専CH

こんばんは。

「地球防衛軍」は確かに大画面で見てこそナンボという映画ですよね。私も初めて見たのが80年頃の地上派放送でテレビのサイズは14インチでしたし、その後も自宅のサイズは32インチが最大でした(現状では40までになりましたが、それでもまだ小さく感じます)その時点では正直ドラマ部分はかったるくて退屈だな~という印象を持っていたのですが4年前にみなみ会館の最前列で( ̄。 ̄;)再見できたときはなるほど、この大きさで見てもらうことを前提にこの映画は撮られているのだなと得心して素直に感動してしまいました(マーカライトのサイズをリアルに体感した気分でしたよ)

「宇宙大戦争」は不幸にしてまだ大画面で再見できるチャンスが訪れていないせいもあるのですが、私の中でも未だに「どんな話だったっけ?池辺良以外に誰が出てたっけ?」的な薄い印象しか残っていません。伊福部先生の曲は燃えるテーマが多くて気に入っているのですが(特にオープニング曲が好きなんです)今回久しぶりに見返してえー、こんな話だったんだと今更のように驚いています。

しかしこの枠がなくなると同チャンネルではホントに見る物がなくなってしまって、来月以降は一応特撮映画の括りになっている「人間革命」が初めてオンエアされるという機会はあるのですが、やはりそれだけのために契約するのもつまらないので予定通り解約することにしました。早期復活が決まれば直ぐ戻ってくる(?)つもりですが(^_^;)

2018/09/17 (Mon) 17:46 | EDIT | REPLY |   
トガジン

トガジン  

日本映画専門チャンネルは何かと油断のならない放送局であります(笑)

しろくろshowさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

京都みなみ会館・・・。
そういえば、私にとっては最初で最後だったあの特撮オールナイトからもう半年も経ってしまったのですね(遠い目)。

『地球防衛軍』を映画館のかぶりつき席で楽しまれたとは羨ましいですね。
本多監督も円谷監督もおそらく必要以上に画作りに気合を入れて作った作品のはずですから、私も一度は映画館のスクリーンで仰ぎ見たいと願っております。

『宇宙大戦争』はおととし『シン・ゴジラ』のクライマックスに宇宙大戦争マーチが使われたことを受けて前の「東宝特撮王国」で録画したディスクを再鑑賞した時以来でした。
あれからまだ2年しか経っていないというのに、私もストーリーから(土屋嘉男さん以外の)出演者の事まで綺麗サッパリ忘れておりました(笑)。


日専チャンネルさんは何かと油断のならない放送局であります、
いきなり『キングコング対ゴジラ』『東京オリンピック』『影武者』などを4Kリマスター化してみせたり、『天皇の世紀』とか『岩波映画』といった古いドキュメンタリーを放送してくれたり。
かと思えば、あの迷作中の迷作『幻の湖』をハイビジョン放映してくれたこともありました(笑)。
私としては解約してしまうには惜しいチャンネルなんですよね~。
たとえクレーマーと蔑まれようとも「特撮王国」再復活要望を出し続けます。

2018/09/18 (Tue) 00:10 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply