FC2ブログ

映画と日常

ただいま松本零士ブーム再燃中!

CATEGORY映画全般
トガジンです。
先週「松本零士」展と『銀河鉄道999』リバイバル上映を見てきたことで、私の中ではこの一週間ほどプチ松本零士ブームが到来しております。

【松本零士シンボルロード】
敦賀市 松本モニュメント・旅立ち
先日、敦賀市(福井県嶺南地方)の松本零士シンボルロードを見物してきました。
敦賀駅から気比神宮へと繋がる旧8号線(敦賀街道)に沿って、なぜか『999』と『ヤマト』のキャラクターブロンズ銅像が飾られているのです。
その存在は以前から知ってはいましたが、全部のモニュメントを見て歩いたのは今回が初めてでした。

敦賀市 松本モニュメント・鉄郎登場シーン
鉄郎の初登場シーン。

敦賀市 松本モニュメント・メーテル
手を差し伸べるメーテル。

敦賀市 松本モニュメント・999と車掌さん
車掌さん。

敦賀市 松本モニュメント・クレアと鉄郎
ガラスのクレア。

敦賀市 松本モニュメント・ハーロック
キャプテン・ハーロック。

敦賀市 松本モニュメント・サイン
これらの銅像は全て1999年に制作されたもののようです。
『ヤマト』のキャラクター像も作られていますが、これらはあの原作裁判が起こる直前に制作されたもののようです。

敦賀市 松本モニュメント・佐渡先生
「どうじゃ、呑まんか?。」
故・永井一郎さんの声が聞こえてくるようです。

敦賀市 松本モニュメント・デザリアム
なんでこんなものまで?。
暗黒星団帝国母星デザリアム。

ヤマトキャラクターは何故か'80年公開の『ヤマトよ永遠に』のものばかりでした。
ということは、敵の総大将はデスラー総統でもズォーダー大帝でもなく、このお方です。

敦賀市 松本モニュメント・スカルダート
暗黒星団帝国のグレート・エンペラー:スカルダート聖総統様です。
ジュディ・オングを思わせる衣装には、古代たちに見せたフェイク映像(ヤマトの最期)が描かれています(笑)。

しかし・・・

どうして九州出身の松本零士先生のキャラクターが福井県の敦賀市に並んでいるのか?
これは鳥取県境港市の水木しげるロードや富山県高岡市の藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー等とは意味合いが全く違います。

実は、敦賀市は「鉄道」と「港」の両方を備えた日本有数の街なのです。
「鉄道といえば『銀河鉄道999』、港といえば船、船といえば『宇宙戦艦ヤマト』」ということで、1999年に敦賀港開港100周年を記念して「ヤマト」と「999」の合計28体のブロンズ像を敦賀駅から気比神宮までのシンボルロードに設置したのだそうです。


松本キャラの敦賀侵攻はブロンズ像だけではありません。

敦賀市 バス
街を走るコミュニティバスも・・・

敦賀市 バス停
バス停の時刻表もご覧の通り。

敦賀市 ラーメン屋
そしてお昼を食べたこちらのラーメン屋さんでも・・・

敦賀市 ラーメン屋店内
鉄郎とメーテルがラーメンをすすっておりました(笑)。

敦賀市 ラーメン屋メニューの一部
なんでも松本先生がこの店のラーメンを気に入ってオリジナルイラストを描いてくれたのだそうです。
凄いよ、中華そば一力さん!。

【福井市美術館「松本零士展」と『銀河鉄道999』再上映】
福井市美術館 松本零士展
今回の松本零士マイブームのキッカケとなった「松本零士展」と、劇場版『銀河鉄道999』のリバイバル上映。
こちらは先週記事にしていますので今回は省略します。
今週は続編『さよなら銀河鉄道999』を見てきました。

『さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-』(昭和56年作品)
原作・構成:松本零士/脚本:山浦弘靖/監督:りんたろう
劇場版『さよなら銀河鉄道999』ポスター

・・・が。
実は私、このパート2はどうしても好きになれなくて封切り当時から今までちゃんと観返したことは無かったのですよ。

『銀河鉄道999』LD-BOX
このLD-BOXを買った時も『さよなら~』は検盤チェック程度にしか見ていませんでした。
『ヤマト』シリーズが無理な設定を継ぎ足しながら強引に続編を作り続けていたのと同じ嫌悪感を持っていて、当時自分の中で「無かったこと」にしていた気がします。

でも今回はせっかくの劇場再公開、しかもフィルム上映です。
37年ぶりに観返すことで何か新しい発見があるかも知れません。
そんな気持ちで再びメトロ劇場に足を運んだのでありました。


『さよなら銀河鉄道999』で気に入らない点はいっぱいあるのです。

■鉄郎がパルチザンの少年兵になっていたり999が軍用列車のような扱いになっているなど、全編通して戦争ばかりで前作やTVシリーズのような大らかさが失われていること。

■鉄郎たちパルチザンが敗走する場面から始まり、さらに敵将の正体が実は父親だったというストーリーが前年('80年)に公開された『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』のコピーでしかないこと。
黒騎士とプロメシュームの対話シーンは、ダースベイダーと銀河皇帝の通信シーンそのものです。

■「私は、あなたの想い出の中にだけいる女。」
そう言い切って綺麗に去っていきながら、臆面もなく再登場するメーテル。

■メタルメナの唐突な改心と自己犠牲。

等々・・・
残念ながら、今回の再上映でもその印象が覆ることはありませんでした。

しかし、帰宅してから妻と『999』の話をしたとき、彼女の口から意外な言葉を聞いたのです。

「あたし、『999』は2本目の方がいい。」
「え?。マジで?。」

「SFは難しい」「アクションもの=暴力だからイヤ」「古い日本映画をお金払ってまで見ようとは思わない」等々、私とは見たい映画の趣味がなかなか合わない嫁ではありますが、まさか『銀河鉄道999』でも意見が分かれるとは思いませんでした(笑)。
でも今回の彼女の意見には「おー、なるほど!」と膝を打つものがあったのです。

「1本目は鉄郎が失恋した相手を未練たらしく追いかけているように見えたけど、2本目のラストはきっぱり吹っ切った感じで男らしかったと思う。」

うむ、確かに!。
そういえば、私も前作ラストの「去っていくメーテルに追いすがる鉄郎」に違和感を覚えた記憶があります。
鉄郎の失恋ムービーで終わってしまったのではないか?
あのままでは、鉄郎はまだ一歩も前へ進めないままなのではないか?。
『さよなら銀河鉄道999』の主題は「鉄郎を前に歩ませる」というただ一点のみに集約されていたように思います。

『さよなら銀河鉄道999』鉄郎カメラ目線
そう考えてみると、ラストでメーテルと別れた鉄郎がカメラ目線で微笑んだカットの意味が分かります。
前作『銀河鉄道999』のラストはこんな鉄郎の表情で締めくくるべきでした。
松本先生とりん・たろう監督はこの1カットのためだけに、蛇足としか思えない2時間10分もの続編を作ったのかも知れません。

私より4歳下の妻は、映画版『999』は2本ともテレビ放映でしか見ていません。
一作目を観た時の彼女は小学5年生。
好きな相手が去っていく姿を泣きながら追いかける男の子にガッカリしても不思議はない年頃です。
そして『さよなら~』の時は中学1年生。
明確な目的を持ち、その実現のために銃をとる年上の男性に惹かれるのもこれまた納得いく話であります。

さらに、私のように映画公開当時のアニメブーム・松本零士ブームに熱狂した体験が無いため、ある意味純粋に作品内容そのものを受け止めていたとも言えます。
私は一作目の『銀河鉄道999』を無意識に神格化していて、『さよなら~』を色眼鏡で見ていたのかも知れません。

思いもよらない相手から面白い話が聞けましたが、出来れば映画を観る前にこれ聞きたかったですねえ。
そうしたら今回37年ぶりに観る『さよなら銀河鉄道999』をもっと新鮮な気持ちで楽しめたかも知れません。
惜しいことをしました。


【メトロ劇場】
999を上映するメトロ会館
昔ながらのフィルム上映で『銀河鉄道999』を楽しませてくれた劇場は、福井市繁華街の一角に位置する雑居ビルの4階にあるメトロ劇場さんです。
ここに来たのは昨年末の『シンクロナイズド・モンスター』の時以来ですからおよそ半年ぶりになりますね。
あの時は映画を観終わって外に出てみたら、近所で火事が起こっていて辺りが騒然となっていたのを思い出しました。

>週刊映画鑑賞記(2017.12/25~2017.12/31)

メトロ劇場 松本作品ポスター
エレベーターから出ると、正面には『ヤマト』『999』のポスターがお出迎えです。
劇場スタッフの中にかつて松本アニメのファンだった人がいるのでしょうか?。
是非お友達になりたいです(笑)。

メトロ劇場 エントランス
これは『さよなら銀河鉄道999』を観に行ったときのロビーの様子です。
前の作品の上映が終わるまでロビーで待たねばならないためかなり混雑しています。
やはり私と同年代の方が多かった気がしますが、何人か先週一作目を観に来た時もいた方がいらっしゃいました。

メトロ劇場 ドアにはLDジャケット
劇場入口ドアには『銀河鉄道999』(TVアニメ版)のLDBOXジャケットが飾られていました。
どうせやるなら表側だけでなく裏面も見えるようにして欲しかったですね。
裏面には収録されている各エピソードのあらすじや場面写真が載っているはずなのですから。

メトロ劇場 公開当時の資料
一角には『銀河鉄道999』『わが青春のアルカディア』や『宇宙戦艦ヤマト』シリーズの当時の資料が張り出されていました。
よく見ると、『宇宙戦艦ヤマト』&『地底王国』とか『銀河鉄道999』&『ウルトラマン』とか・・・。
あと『スティング』&『タクシー・ドライバー』など、ここで初めて観た映画もたくさんありました。

メトロ劇場 カリギュラ来たっけな~
私は高校時代から老けて見える顔つきだったので、それを悪用して『カリギュラ』&『エマニエル夫人』を観に行ったことがありました(もう時効です)。

宇宙怪獣ガメラ 新聞広告
そういえば『宇宙怪獣ガメラ』と『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』と『鉄腕アトム』という超豪華プログラム(?)を体験したのもここでした(笑)。

>『昭和ガメラ』といえば・・・?

メトロ劇場 あなたが選ぶ上映作品
奥の掲示板には「あなたが選ぶ上映映画」と題して無数の映画タイトルが張り出されています。
劇場スタッフが選んだノミネート作品の中から来場者が見たい作品を選んで投票することで上映作品を選ぶシステムです。

メトロ劇場 上映候補
上映決定した作品の中には、先日私が金沢まで出向いて観てきた『犬ヶ島』も含まれていました。

メトロ劇場 メトロノート
あと、この劇場にはもう一つ昭和を感じさせてくれるアイテムがあります。
メトロシネマノート
来場した客が感想やリクエストを書き込むためのもので、36年も受け継がれてきたものです。
今ではネットの掲示板やブログやツイッターで十分事足りるものですが、それでもこんな昭和のアナログ回覧システムを今も大事に続けているのですね。
私も映画終了後に書き込みして帰ろうと思っていたのですが、熱心に読んでいる方がいらっしゃったため残念ながら今回は諦めました。
日本の特撮怪獣映画をリクエストしておこうと思っていたのですがね(笑)。


という感じで松本零士な一週間ではありましたが・・・
あれ?。
でも何か足りないような・・・?。

松本零士 1000年女王が無い?
今回のイベントでは『1000年女王』が無視されていたような気がしました。
原作者ではないことにされてしまった『宇宙戦艦ヤマト』は前面に押し出しているのにこれでは片手落ちです。
もっとも、『1000年女王』に触れてしまうと『999』の作品世界をぶち壊しにしてしまいかねないので、これはこれで当然の措置かもしれませんがね(笑)。
なぜなら、女王プロメシュームの正体は・・・(以下自粛)


最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

COMMENTS

6 Comments

There are no comments yet.

ポール・ブリッツ  

どうでもいいですが、「個々の別個のストーリーの登場人物をリンクさせて壮大な宇宙を構築する」作業、日本人がやったやつで成功したのはスパロボ大戦くらいのような気がする(笑) ウルトラとゴジラとスーパー戦隊とライダーは、無節操にリンクをふくらませすぎて話が死んでしまった。

1000年女王も999とからまなかったら「普通にいい話」で終わったのになあ(^^;)

2018/06/28 (Thu) 22:19 | EDIT | REPLY |   
トガジン

トガジン  

お歳を召した巨匠のすることには似たような傾向があるようです

ポール・ブリッツさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

『メーテルリンク』によって松本先生は『1000年女王』を自らの手でぶち壊しにしてしまいました。
999とキャプテン・ハーロックとエメラルダスはまだ整合性が取れていましたが、そこに1000年女王とヤマトも加えようとしたあたりから松本零士ワールドはおかしなことになったと思います。

だって、どちらも時代設定がまるで違うのですから。
ヤマトを999とリンクさせるため”だけ”に描き始めた『新・宇宙戦艦ヤマト』のつまらなさと言ったらなかったですね。

ちなみに、私は『宇宙戦艦ヤマト』(一作目)の原作者はストーリーの根幹部を作った豊田有恒氏であると考えています。
西崎氏はあくまでプロデューサーであり、松本先生はデザイナーとして途中からの参加だったはずです。
それでいながら「自分が原作者だ」と言い張る姿を見ていると、ヤマトファンとして滑稽であると同時に哀しい気分でした。
 
そういえば、リドリー・スコット監督も(どっちも自分のオリジナルじゃないくせに)『エイリアン』と『ブレード・ランナー』を人造人間繋がりで一つの世界のように描いて自分のものにしようとしている気がします。
歳を取ると「あれは俺が作ったんだぁ~」と言って自分の手柄にしたがる輩がいますけど、映画や漫画の巨匠も似たようなところがあるのですかね。

2018/06/29 (Fri) 00:04 | EDIT | REPLY |   

ポール・ブリッツ  

作家としての松本先生以上に、会社レベルの「取り巻き」がいるんじゃないかな、と思います。

リンクさせたほうが儲かりますもんね,実際。熱心なファンは全部揃えてくれるわけですから。

いちばんいい例がウルトラシリーズでしょうな。

無節操なリンク拡大はろくな結果を生まないんですがねえ……。

2018/06/30 (Sat) 15:15 | EDIT | REPLY |   

へろん  

こんにちは~。
いいですね、松本零士シンボルロード。
敦賀市に行くことがあったらぜひ立ち寄ってみたいです。

メトロ劇場のロビーの展示もすばらしい。
常設展示というわけではないですよね?
このロビーだけでも行く価値ありそうですね。

松本零士ワールドは確かにいろんな作品がごっちゃになり始めた頃からワタクシ的にも疑問を感じていました。手塚治虫のスターシステムみたいに俳優と作品の関係と割り切ればよかったのでしょうが、作品の内容までリンク付けしようとしてかなり無理を生じてしまいましたものね。

宇宙戦艦ヤマトは私も豊田有恒版が好きです。このバージョンも注目されてほしいですね。

2018/07/01 (Sun) 06:33 | EDIT | REPLY |   
トガジン

トガジン  

>ポール・ブリッツさん 「量は質に転化する」なんて言葉もありますが・・・

ポール・ブリッツさん、コメントありがとうございます

>作家としての松本先生以上に、会社レベルの「取り巻き」がいるんじゃないかな、と思います。

確かにそうかも知れません。
破産したN崎プロデューサーから版権を取得した東■新社や、昔アニメ製作で美味い汁を吸った東◆動画あたりが糸を引いていたのかも?(笑)。
覚醒剤所持や銃刀法違反で逮捕されたN崎氏より松本先生を原作者として前面に押し出すほうが商売面でも有利ですからね。

>いちばんいい例がウルトラシリーズでしょうな。

「ウルトラ」シリーズの展開は、松本先生のように別々の作品に無理矢理繋がりを持たせて輪を閉じようとするものではなく、様々な世代向けにその時代ごとの新作を作り続けていくというもののようです。
私が一番好きなウルトラマンは小学一年の時リアルタイムで観た『帰ってきたウルトラマン』ですが、その気持ちを大事に仕舞いながら観れば新作は新作なりに楽しめるのではないかと思います。
(その大好きな帰マンを単なるやられ役として扱った『ウルトラマンA』だけはあまり好きになれないのですが・・・)

円谷プロの財産は過去の名作群しかないわけで、それらを現代にリメイク・リブートを繰り返すこと以外に会社存続の方法がないことは理解しています。
そして、そんな中から作られた『ウルトラマン・ティガ』のクライマックスに涙が流るほど感動した自分がいたことも事実です。

しかし、初期(円谷英二氏・一氏ご存命の頃)の作品群を台無しにすることだけはどうか避けていただきたいものですね。
最近出てきたチャラいセブンの息子とか悪の遺伝子を持つウルトラマンとかを見ていると、今の子供たちへの影響が心配になってしまいます。

2018/07/01 (Sun) 14:23 | EDIT | REPLY |   
トガジン

トガジン  

>へろんさん  猛烈に『ヤマト』一作目が見たくなってきました

へろんさん、コメントありがとうございます。

松本零士シンボルロードは映画『銀河鉄道999』と『ヤマトよ永遠に』のストーリーに沿って並んでいます。
映画の流れを思い出しながら順番に見ていくとより楽しめるのではないかと思います。

しかし、個人的に『ヤマト』は一作目テレビシリーズ版に沿って欲しかったのですがね~。
撮った写真がピンボケだったため記事には載せられませんでしたが、アナライザーは観光客とハイタッチ写真が撮れるように左手を前に突き出しているのですよ。
これを最初に見た時、私は第16話のスカートめくりのシーンを連想してしまいました。
ああ、お恥ずかしい・・・。

メトロ劇場のロビー展示は「松本零士展」に合わせた期間限定だったと思います。
手作り感全開でしたが(笑)、絶対に私と同世代の『ヤマト』『999』ファンが関わっていたに違いない展示内容で観ていて嬉しかったですね。

>宇宙戦艦ヤマトは私も豊田有恒版が好きです。このバージョンも注目されてほしいですね。

あの島大介のシークエンスは衝撃的過ぎましたね~。
TVシリーズ版『宇宙戦艦ヤマト2』で島が宇宙に放り出された時には「まさか・・・!?」って思いましたよ(笑)。

2018/07/01 (Sun) 14:58 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply