映像学科22番

映画と日常

CATEGORY

category: 日本映画:は行  1/1

『北陸代理戦争』~世界でいちばん身近な映画~

トガジンです。今回は、私にとって最も身近で最も縁遠い映画の話です。『北陸代理戦争』(昭和52年/監督:深作欣二、脚本:高田宏治、主演:松方弘樹)スプラッタ・ホラーやアイドル主演のラブコメものと同じく、私が意図して観ることなど絶対にあり得ないはずの東映やくざ映画です。『網走番外地』も『仁義なき戦い』も、『鬼龍院花子の生涯』も『極道の妻たち』も見たことが無いこの私がどうしてこの映画を観ようなどと思い立っ...

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

トガジンです。先日大阪に行っていた時にこんな映画も観てきました。ライトノベル原作のファンタジック恋愛ストーリーとでも呼べばよいのでしょうか。普段だったら絶対に観に行くことはないタイプの映画です。『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』🈠(劇場:TOHOシネマズ難波)では何故、いい歳こいたおっさんがこの映画を観に劇場に足を運んだのか?。実は私、この映画の撮影にエキストラとして1シーンだけ参加していたのです...